肉割れの跡を目立たなくするのに役立つ細胞成長因子 | 肉割れを消すために知っておくといい話

肉割れの跡を目立たなくするのに役立つ細胞成長因子

肉割治療・治し方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログでは、オイルやクリームなどを使って肉割れを目立たなくする方法をいろいろとご紹介してきましたが、今回は人のからだの中にある「細胞成長因子」の視点から肉割れについてお話ししていきたいと思います。

基本的な肉割れケアの方法は、「おなかやおしりにできる肉割れの治し方」でご紹介していますので、あわせて読んでいただければ理解が深まると思います。

今ある肉割れは時間が経つと傷跡になる

出来てしまった肉割れは症状が浅いものを除き、ほとんどの場合傷跡となって残ります。傷跡の症状は、白い線のようなものだったり、大凸を帯びた太い線のようなものだったり様々です。

この肉割れの傷跡が大きくなるか小さくなるかは、肉割れができたときのケアや生活習慣に大きく影響します。

肉割れができたらとにかく保湿すること。もし、かゆみが出ても爪で引っかいたりしないこと。肉割れのかゆみ対策は、別の記事でご紹介しています。

肉割れが傷跡のようになるのは正常なこと

肉割れに限ったことではないですが、ケガややけどなどは、出来たばかりの頃は皮がむけたり血が出たり痛みを伴ったりなど治療が必要な状態ですが、時間の経過とともに回復し傷跡となって残ります。

傷跡になれば目立つことはありますが、治療の必要はなく、通院も経過観察程度まで落ち着いた状態だといえます。

細胞成長因子の働きで肉割れが目立たなくなる

肉割れはでき始めてからそれが肉割れの跡となる間に、細胞成長因子(グロースファクター)というたんぱく質の一種が活躍します。

この細胞成長因子の特徴としては、体内でのコラーゲンやエラスチンの生成、傷跡の修復、老化スピードを遅らせる、など様々なものがあります。

細胞成長因子の1種であるFGFやEGFが配合されている肉割れクリームもあります。

この細胞成長因子がしっかりと働けば、治癒も早く傷跡も目立たなくなるのですが、何らかの理由で働きが悪くなると目立つような傷跡ができることがあります。

細胞成長因子の働きを阻害する原因

細胞成長因子の働きを阻害する原因として考えられているのが、ステロイド薬や禁煙や過度の飲酒、糖尿病、高血圧、動脈硬化、貧血など。また、年齢とともに働きが悪くなるため、肉割れも若いときに出来たものの方がケアの結果が出やすい傾向にあります。

高血圧、動脈硬化、貧血など気になる点がある人は、一度、病院で診てもらうことをおすすめします。軽いものであれば、それぞれ対策もあるので実行してみてください。

例えば食事ならば、高血圧対策には、カルシウム、カリウム、マグネシウム摂取、動脈硬化にはカロリーコントロール、貧血には鉄分摂取が推奨されています。

喫煙と過度な飲酒もできるだけ控えることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました