肉割れの予防法 | クリームの使用や肌に良い食べ物で事前の対策を | 肉割れを消すために知っておくといい話

肉割れの予防法 | クリームの使用や肌に良い食べ物で事前の対策を

肉割れのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉割れは予防することができます。特に妊婦さんは体重が増えることが予測できますので、事前に対策しておきましょう。

予防の大前提は保湿

妊娠線の予防法は、保湿することが大前提になります。乾燥した状態が続くと肌のバリア機能が低下し、ちょっとしたことで妊娠線ができやすい状態に。

「肌が乾燥する」→「かゆくなってかきむしる」→「妊娠線が発生」という悪循環に陥ります。妊娠が分かった時点で、妊娠線クリームなどを使ってケアを始めることをおすすめします。

妊娠による体重増加は8~10kgまで

妊娠するとお腹が大きくなる分、体重が増えるのは仕方ないことですが、「妊娠して体重が増えるのは当たり前」という気持ちでいるとあとあと大変なことになっていしまいます。

体重が増えると、その分皮膚ものばされ、妊娠線の発生率が上昇し、数えきれないほどできてしまうことも。

妊娠時の理想的な体重の増え方

妊娠中の理想的な体重の増え方です。

【理想的な体重の増え方】
BMI値 18.5未満の痩せ型 → 9~12kg
BMI値 18.5~25未満の普通体型 → 7~12kg
BMI値 25以上の肥満型 → 5~7kg
BMIは、体重と身長から計算できます。
BMI=体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]

肥満体型の方は特に体重増加に気をつけてください。個人的には、痩せ型、普通体型の方も10kg未満に抑えた方が、妊娠線の予防になると思います。

太り過ぎると妊娠中毒症や妊娠糖尿病のリスクも高まります。

妊娠中太りやすい時期は要注意

妊娠中特に太りやすいのは、「つわり明けの時期」と「出産までの1ヶ月間」。

嘔吐を繰り返したり食欲が低下してしまうつわりの症状ですが、この辛い時期が終わると食欲がいっきに増すことがあります。また、臨月の時期は、赤ちゃんが下がり胃が軽くなることから、急に食欲が出るということもあります。

食べすぎは禁物ですが、どうしても食欲が止まらない・・・という場合は、ジャンクフードやインスタントを避け、栄養バランスがしっかりととれたものを食べるようにしましょう。家事の量を少し増やしたり、軽いウォーキングやマタニティヨガで無理のない運動を行うのも◎

太ることを恐れて無理な食事制限を行うのはNG。ストレスの原因になります。また、生まれてくる赤ちゃんが将来肥満体型になるという傾向もあります。

ボディクリームで予防

肉割れはボディクリームで予防することができます。出来てしまった肉割れは専用のクリームが効果的ですが、予防が目的の場合は、普通の保湿クリームでも大丈夫です。

冬の感想の時期であれば、クリームより保湿性の高いオイルの使用がさらに効果的。

クリームやオイルは1度塗ればOKというものではないので、朝と夜の1日2回毎日塗る必要があります。

肉割れができる前兆としてしばしばかゆみが出ることがあります。そういった場合には、クリームで保湿する前にタオルで包んだ保冷材などで冷やすようにしてください。

肉割れ予防にいい食べ物

肉割れ予防には、ビタミンC、A、Eなど抗酸化作用がある成分を含んだ食べ物がおすすめです。

  • ビタミンCを含む食べ物…ハッサク、オレンジ、パプリカなど
  • ビタミンAを含む食べ物…にんじん、レバー、ほうれん草など
  • ビタミンEを含む食べ物…ナッツ類、ブロッコリーなど

その他、イソフラボンやリコピンなども肌を健康な状態に保つ働きがある成分として知られています。大豆やトマトに多く含まれるため、積極的に食べるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました