肉割を消すために必要な有効成分とは | エビデンスがあるもは何? | 肉割れを消すために知っておくといい話

肉割を消すために必要な有効成分とは | エビデンスがあるもは何?

肉割れのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉割れに効果があるといわれているオイルやクリームなどはたくさんありますが、実際のところどれくらいの効果があるのか気になりますよね。

今回は肉割れに良い成分(有効成分)としてエビデンス(根拠)があるものをご紹介していきたいと思います。

クリームやオイルで肉割れを消すのはとても難しい

クリームやオイルなどを使ったセルフケアでは、肉割れを目立たなくさせることが精いっぱいで、その範囲や部位によっても効果がまちまちなのが現状です。

したがって、肉割れができる前の肌に戻すことはとても難しいといえます。

肉割れを消すのに有効なのはやはりクリニック治療

すぐにでも肉割れを消したいと考えているのであれば、セルフケアよりもクリニック治療が必要になります。このブログでも紹介したウィンバック、アートメイク、炭酸メソなどがそれに該当します。

・レーザー照射
・ラジオ波
・マイクロニードリング
・マイクロダーマブレーション
・アートメイク

大きく分けると以上の4つになります。それぞれ施術にかかる日数や費用が違うため、メリットやデメリットを吟味して選択する必要があります。

肉割れが消えるといわれている方法はいろいろあるが

肉割れが消える方法として都市伝説のようにいろいろと言われていますが、それらすべて残念ながらちゃんとした根拠はないのが現状です。

・痩せたら肉割れが消えた
・日焼けすると目立たなくなった
・筋トレしたら肉割れが消えた
・マッサージで肉割れがきれいになった

もちろん、人によってはこれで効果があることもありますが、やはり範囲が広く酷い肉割れが完全に消えることは少ないといえます。

肉割れに効果があるといわれる有用成分は?

現時点で、肉割れに効果があるとされている成分は3つあります。限られたエビデンスと結果ではありますが、市販薬として売られているものもあるので気軽に試すことができます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とはもともと人が持っているもので皮膚の奥の真皮に多く含まれ水分を保持する役割があります。また、その高い水分保持作用から関節機能改善、眼科手術補助などの医薬品としても多く使用されています。

ただどれも体の内部に直接ヒアルロン酸を入れるもので、美容液のように外側からの塗布で浸透させるとなると時間がかかってしまうというデメリットはあります。

したがって、ヒアルロン酸入りにクリームを使用する場合には、浸透性の高い製品を選ぶことが大切になります。

レチノイド(ビタミンA)

レチノイドとはビタミンAのことで、ダメージを受けた肌を健康的な状態に戻す働きがあります。主な効果は3つ。

・皮膚のターンオーバー(新地代謝)促進
・コラーゲンやヒアルロン酸の生成促進
・皮脂分泌のコントロール

2017年には厚生労働省からシワ改善効果があると認められています。

ただし効果がある分、レチノイドの含有率が高くなると肌が赤くなるなどの副作用があることがわかっています。妊娠を希望している・妊娠中の方は使用しないでください。

植物由来成分センテラ(ツボクサエキス)

せり科の植物であるツボクサの葉や茎から抽出されるエキスで、有用成分「アジアチコサイド」を95%含みます。韓国コスメで話題になりましたが、実はその前から様々な場所で活躍してる成分でもあります。

・炎症抑制効果
・皮膚の修復効果
・美白効果
・色素沈着抑制効果
・セラミド分解酵素「セラミダーゼ」抑制効果
・コラーゲン合成促進作用
・角質層のバリア機能

これらを見てもわかるように肌にとって良い機能がたくさん備わっています。

ツボクサは医療の分野ではゴツコラと呼ばれ、インドの伝統医学において皮膚、神経、血液の代謝機能の改善に有用であると考えられています。さらに、タイ・インドネシア・ベトナムでは皮膚の保持、疲労回復などの薬として使用されています。

参照:飛永 精照(1999)「私の民族薬学から」

肉割れケアに有用成分が含まれるクリーム

最後に上でご紹介した有用成分が配合されているクリームをご紹介します。

プレマーム(ヒアルロン酸配合)

プレマーム

肉割れケア用に販売中のプレマーム。肉割れケアに特化しているため、ヒアルロン酸だけではなく、保湿成分のレジストリル、シラノール誘導体、くすみ予防成分のプラセンタエキス、ビタミンC誘導体などの有用成分も含まれています。

idio CICAクリーム(ツボクサエキス配合)

北海道シカクリーム

日本人の肌質に合わせて研究開発した北海道発のシカクリーム。ツボクサエキスに加え、皮膚科学から生まれたヒト幹細胞培養液が配合されています。主に使用するのは顔から首にかけてですが、身体全体にも使用できます。

タイトルとURLをコピーしました