段階別にみる肉割れの症状 | できるだけ早いうちにケアするのがポイント | 肉割れを消すために知っておくといい話

段階別にみる肉割れの症状 | できるだけ早いうちにケアするのがポイント

症状
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレ、成長期、体重の増加などによって発生する肉割れ。肉割れができてから線として残るまでには2段階あり、時間の経過とともに色や質感が変化します。初めは薄く目立ちませんが、徐々に太くクッキリしてくるので放置は禁物です。

裂けた箇所が多い場合は、最初の段階でも目立つ場合があります。

肉割れの初期症状

肉割れができた直後は、赤っぽい線が現れます。赤みの強さは人それぞれで、薄く色づく程度の人もいます。お尻など、自分では見えにくい場所にできやすいことから、肉割れ自体に気がつかないことも。
基本的に肉割れの本数は少なめで薄い線ですが、体重の増加、乾燥状態での放置、かきむしりなどで本数が増えて数えきれないくらい発生する場合もあります。
 
肉割れを完全に消すことはできないといわれていますが、初期段階のうちに(赤い線の状態)肉割れクリームなどでケアするとほとんどわからないくらいまで消すことも可能です。
 

赤から白い肉割れに代わるまでどれくらいかかる?

赤っぽい状態を放置すると線の本数が増えたり、網目のように繋がったり肉割れ線であることがはっきり認識できるようになります。色味も赤から白っぽく変化。線が太くなり、触ると凹凸が分かります。

赤っぽい状態から白っぽくなるまでは、個人差があるもののゆっくりとした変化です。早い人で半年、遅い人は2年以上時間がかかることがあります。平均すると1年程度。

肉割れの原因であった体重の変化が緩やかになり、皮膚の伸縮が落ち着いてくると徐々に白くなり始めます。さらに放置すると、肉割れの部分が光沢を持ち、傷跡のように目立ってしまうことも。

最初から赤くなかったという人は、赤っぽい段階では線の色が薄く白くなるまで気がつかなった可能性が高いです。

肉割れの症状はできる場所によって違う?

肉割れができるメカニズムは身体の部位どこでも同じですが、その症状は少し違います。例えば、おなかや太ももにできている人は無数にあるのに、肩にできている人は数えるくらいだったりします。

お腹や太ももは体重増加で脂肪がつきやすいため、その分大きく皮膚が引っ張られ真皮への影響がより大きくなったことが原因だと考えられます。

白くなった肉割れも目立たなくさせることは可能

上でもお話ししたように、肉割れはできるだけ早い時期のケアが大切になりますが、白くなった後でもセルフケアで目立たなくさせることはできます。

それは、肉割れクリームを根気良く塗り続けること。壊れてしまった皮膚細胞を回復させるような有用成分が入ったクリームを使うのがベストで、少なくとも3ヶ月以上はケアを続けることが必要になります。

セルフケア以外では、クリニックでの治療がおすすめです。高いお金がかかってしまいますが、白い段階の肉割れ治療も可能で、比較的早く効果を実感できます。

白い段階の肉割れを悪化させない方法

白い段階の肉割れは、何もケアしないと凹凸が出たり白くテカったりするようになります。こうなると遠くから見ても結構目立ってしまうので避けたいところ。肉割れを悪化させる原因はいくつかあります。

  • 乾燥状態が続く
  • 日焼けする
  • かきむしる

他にも、睡眠の質の低下、栄養バランスの乱れなどありますが、これらは間接的な原因になるので除外しました。

冬は乾燥しやすくなるので、しっとりタイプのボディーソープや入浴後の保湿クリームをうまく利用してカラカラになるのを防ぎましょう。乾燥状態が続くとかゆみが出ることがあり、もしかきむしってしまうと肉割れが悪化することがあります。

また、日焼けも肉割れにとって良くないのでふくらはぎなど外気に触れる部分に肉割れができている場合には、日焼け止めクリームを事前に塗っておくと効果的です。

症状
Oliviaをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
肉割れを消すために知っておくといい話
タイトルとURLをコピーしました