肉割れとは | おなか・おしり・太ももにできやすい特徴がある | 肉割れを消すために知っておくといい話

肉割れとは | おなか・おしり・太ももにできやすい特徴がある

肉割れのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉割れとは、お腹やおしりなど脂肪や筋肉が多い場所に発生しやすいひび割れのようなスジができる現象のことを言います。妊婦さんにできる肉割れは、妊娠線・ストレッチマークなどと言われますが、症状は肉割れとほとんど同じです。肉割れと比較すると予測可能なので予防しやすいという特徴があります。

現在の医療では、できてしまった肉割れを根本的に消してしまうことはできないとされていますが、専用クリームを使用することにより目立たなくさせることは可能です。

肉割れを改善させるには、自分に合った肉割れクリームを見つけることが一番の近道になります。

肉割れが起きる原因

肉割れができる主な原因は、急激な体重増加にあります。成長期や妊娠の時期は、非常に太りやすく、この時期に肉割れを発生してしまうことが多いですね。

また、学生時代の部活や自転車通学、社会人になってからの肉体労働など短期間で筋肉がついたことが原因で肉割れができることもあります。

肉割れ線は、ストレッチマークとも呼ばれ、妊娠したときにできる線を妊娠線といいます。女性に多く見られがちですが、性別に関係なくできることが分かっています。

肉割れができるメカニズム

そもそも、肉割れはどのようにしてできるのか。

肉割れの原因とされる「急激な体重増加」の時期に、皮膚は大きく引き伸ばされ、、これに、肌の奥の皮下組織がついていけずに真皮が断裂を起こしてしまいます。真皮は、断裂を回復させるためにコラーゲン等を急激に増やすのですが、このときに、赤い筋を発生させるため肉割れができてしまうのです。

初期段階ではかゆみを伴うことが多く、かき続けると悪化するのでできる限り乾燥させないことが大切になります。赤い筋の肉割れは、時間が経つと水分を失い白っぽいテカテカとした線になり、場合によっては、凹凸状に残り続けます。

真皮はターンオーバーしないため、一度できてしまった肉割れ線は消すことができないといわれています。肉割れを修正・回復させるためには、レーザー治療や専用オイル、クリームで目立たないまでに薄くしていく方法があります。

肉割れができやすい身体の部位

肉割れは、皮膚が引き伸ばされることで起こるため、脂肪や筋肉がつきやすい部位(皮膚が引っ張られる場所)にできる傾向があります。

妊婦さんの場合だとおなかにできやすくなりますが、それ以外だと脂肪つきやすい胸、おしり、太ももにできることが多くなります。その他、腕、肩、ふくらはぎなどは、筋肉がつくことで肉割れが発生しやすくなります。

どの場所にできたとしても基本的なケア方法は同じですので、保湿クリームや肉割れクリームなどを使い目立たなくさせる方法がベストです。

肉割れによく似た症状

肉割れによく似た症状に、セルライトと猫背線というものがあります。

セルライトも肉割れと同じように、体重が増えすぎることで発生しますが、できるメカニズムが違うため、ケア方法も少し違います。

セルライトの治し方は、肉割れのようにクリームを塗るのではなく、入浴やマッサージなどで老廃物を除去することが、改善の近道になります。

一方、猫背線はその名の通り猫背の人に多く見られる症状で、肉割れ線と違いおなかに太い横線ができるのが特徴です。

保湿クリームを塗ることでも改善が期待できますが、いちばんの方法はしわ取りクリームやエイジングケア用の美容液の使用になります。

肉割れ線、セルライト、猫背線の違いは画像で見ると分かりやすいので、インターネットで一度検索してみることをおすすめします。

肉割れを悪化させないようにするには

出来てしまった肉割れは、放置したままにするとテカリが出て目立つようになったり、新たな線ができてしまうことがあります。

今ある肉割れを悪化させない方法は、基本的には肉割れの予防対策と同じ。

保湿クリームやオイルで乾燥を防ぎ、紫外線を浴びせないようにすることが大切です。毎日の保湿ケアはもちろん、夏の暑い時期には忘れずに日焼け止めを塗るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました