肉割れの治し方 | 太ももやおしり・男性女ともにおすすめの治療法 | 肉割れを消すために知っておくといい話

肉割れの治し方 | 太ももやおしり・男性女ともにおすすめの治療法

肉割治療・治し方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉割れの治し方には、自力でケアする方法とクリニックなどでの治療の2種類があります。今回は肉割れの治し方について一般的に良く用いられる方法をご紹介したいと思います。

セルフケアでの肉割れの治し方

まずは、セルフケアで行う肉割れの治し方です。いちばん一般的なのがクリームを使う方法、そしてマッサージで血行を良くする方法があります。

肉割れクリームを使用する

肉割れを治すことを目的にして作れたクリームを使用することで、症状を目立たなくさせることができます。ただし、症状がひどかったりできてから時間が経ったものなどを完全に治すのはむずかしいとされています。

出来てしまった肉割れではなくて予防のみが目的の場合は、肉割れクリームの他、オイルや保湿クリームなども効果的です。

肉割れ用のクリームは、保湿クリームなどに比べてやや値段が高くなりますが、クリニックで行う肉割れ治療に比べれば安く済ませることふぁできます。

マッサージをする

肉割れは、マッサージをすることで目立たなくさせることもできます。マッサージをすると血行が上がりターンオーバーを促進できるため、肉割れが目立たなくなるという仕組みです。

マッサージの際に肉割れクリームも使用するとさらに効果的です。マッサージには肌を柔らかくする効果もあるので、肉割れクリームに含まれる有用成分が浸透しやすくなります。

おしりや太もももの肉割れも治し方は同じ

肉割れはどの部位にできたものでも基本的な治し方は同じです。クリームやオイルなどを1日2~3回患部に塗って、マッサージをすることが基本になります。

もしかゆみがある場合には、タオルで包んだ保冷剤を当てるなどしていったん冷やしてからクリームを使用してください。思いのままかきむしってしまうと肉割れが悪化することがあります。

男性も女性も肉割れの治し方は同じ

肉割れは女性だけでなく男性にもできることがありますが、治し方は全く同じです。

肉割れクリームは女性向けにデザインされたものが多く、購入を躊躇してしまいがちですが、インターネット販売も行っているのでぜひチェックしてみてください。

ショップによっては段ボールに商品名を掲載しないところもあります。個人的には、ノコアという肉割れクリームはデザインもシンプルなので男性用として使用するのにおすすめです。

もし、肉割れクリームで効果を得られない場合には、クリニックでの治療で治す方法もあります。

クリニックで行う肉割れ治療

肉割れ対策用のクリームを使用して目立たなくさせることはできますが、それでも完全に消すことは難しいといわれています。

そのため、次の段階としてクリニックでの専門的な治療という方法があります。

レーザー治療

サーマクールやフラクショナルなどといったものを使って肉割れを治療する方法です。レーザー治療では、肉割れで断裂してしまった真皮がコラーゲンを再生するため、肉割れ線を消すことができるといわれています。

ただし、レーザー治療はクリニック治療の中で費用が高いというデメリットがあり、人によっては50万円以上かかることもあります。また、治療した場所が腫れたり赤くなることもあります。

炭酸ガス(炭酸メソ)

炭酸メソは、海外で10年以上の実績がある治療法で、治療には注射を使用します。肌に一時的にダメージを与えることで肌内のコラーゲンを増やし皮膚再生能力を高め、肉割れを消していくという方法です。

治療時間が短く、大きな副作用も報告されていないため、比較的安全な治療方法だといえます。

治療に針を使用するのでその際に少し痛みがあることがあります。

ダーマローラ―・ダーマペン

ダーマローラ―は髪の毛より細い針が無数についたローラーで、人体の生理的反応を利用してコラーゲンを増殖させ、肉割れを修復させる治療法です。

広範囲の施術が可能なため、肉割れが複数できている人におすすめの治療法になります。

ただ、強い力でローラを転がさなければ効果が得られないため、塗る麻酔だけでは痛みを生じることもあるというデメリットがあります。

ダーマローラーと同じように針を刺して行う施術にダーマペンというものがあります。このダーマペンは、ローラより皮膚に刺さる針の数が多く、効果が高くなるのが特徴です。

また、ローラと違いペンだと皮膚に垂直に針が刺さるため、表皮の損傷を最小限に抑えられるというメリットがあります。

パラメディカルアートメイク

皮膚疾患や手術で失われた乳輪や乳頭をデザインする目的で行われるパラメディカルアートメイクですが、この施術は肉割れ治療でも行われることがあります。

施術の内容は、皮膚の浅い部分に皮膚と同じ色素を注入するというもの。麻酔を使用している病院もありますが、それでもやはり皮膚に針を入れるので多少の痛みを生じます。

タイトルとURLをコピーしました