肉割れのかゆみを抑える方法 | 肉割れを消すために知っておくといい話

肉割れのかゆみを抑える方法

肉割れの基本・対策・ケア方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉割れや妊娠線の初期にかゆくなることがありますが、思いのままにひっかくのはNGです。ですが、かゆいのをそのまま放っておくこともつらいと思いますので、今回はかゆみ対策についてお話していきたいと思います。

妊娠中に起こるかゆみは妊娠線とも限らない

妊娠線はかゆみを伴うことがありますが、その妊娠線と同じ症状がある炎症に「妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)」というものがあります。

患部の症状も個人差があり、赤くなったりぶつぶつができたりと様々です。原因については女性ホルモンの「エストロゲン」の増加によるものだと言われていますが、まだはっきりとはわかっていません。

妊娠中に発症する疾患ですが、出産すると症状は治まります。治療法はステロイドを含む塗り薬の塗布です。ただし、ステロイドの種類によっては妊娠中の使用を避けた方がいいものもあるので注意が必要です。

かゆみが出たらまず冷やす

かゆみが出たときにひっかくと跡ができてよくないという思いから、指でつねったり爪で押したりする人がいますが、これも肌を傷つける原因になるのでNGです。

もし、かゆみが強くて我慢できないというときには冷やしてみてください。保冷剤をタオルで包んで優しく当てるのがポイントです。

直接保冷剤を当てると冷たくて気持ちいですが、肌に負担をかけることになるのでタオルやハンカチを通して当てるようにしてください。

熱々のシャワーで刺激を与えてかゆみを抑えるという話もネット上で時々聞きますが、実際のところ、かゆみを誘発してしまい逆効果になるのでやめておきましょう。

タオルで包んだ保冷剤と違い、長時間当てることができないので現実的ではないです。(無理に当て続けるとやけどの危険があります。)

かゆみが続くようならかゆみ止めの薬も有効

冷やして応急処置をしてもどうにもかゆみが止まらないときには、かゆみ止めの薬を使うと効果的です。

かゆみ止めにもいろいろありますが、メンソールが入っているものがかゆみを抑えてくれるのでおすすめです。(ただし、妊娠中だと女性ホルモンに影響するので避けた方が良いです。)

炎症を起こしていない状態だとムヒやキンカンなどの常備薬でも良いです。塗った後は乾燥しやすくなるのでかゆみが収まったら保湿も忘れずに行ってください。

炎症を起こしている場合だと、かゆみ止めにプラスして炎症を抑える効果がある成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。ステロイドではありますが、フルコートには炎症を抑える成分が含まれています。

妊娠中の方は、使用を避けた方がいい薬も多いですので、皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

かゆみを抑える効果がある食べ物もある

薬だけではなく食べ物にも間接的にかゆみを抑えてくれるものがあります。即効性があるものではないですが、摂り入れてみるのもいいかもしれません。

そもそも、かゆみはヒスタミンが過剰に分泌されることで生じるもので、このヒスタミンは腸内菌のバランスが乱れるとより多く分泌されることがわかっています。

そのため、腸内環境を整えるのに効果的な発酵食品や根菜類がかゆみを抑える助けになってくれます。

発酵食品には、納豆、みそ、お酢、キムチ、ヨーグルトなど、根菜類には、ごぼう、にんじん、だいこん、れんこんなどがあります。

タイトルとURLをコピーしました