太ももにできる肉割れのメカニズムと原因

MENU

太ももにできる肉割れのメカニズムと原因

太ももにできる肉割れ

 

太ももの肉割れができるメカニズムは、その他の個所と同じ経緯をたどります。何らかの影響で引きのばされた皮膚の成長に皮下組織がついていけず、真皮が断裂を起こすという仕組みです。

 

肉割れができるメカニズムについては、トップページにイラスト付きで載せています。
>>肉割れができるメカニズム

 

 

太ももにできる肉割れの原因

肉割れは皮膚が引きのばされることでできるので、そのきっかけを作ったものが原因となります。まず考えられるのは、急激な体重の増加。

 

体重が増える時期は人によってばらばらだと思いますが、一般的には10代のころの成長期だと考えられます。心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

 

脂肪によって体重が増えるとその分皮膚が引きのばされるため、肉割れができやすくなります。子供のころはクリームやオイルなどでマッサージをする機会も少ないでしょうからなおさら肉割れができやすい環境にあったといえます。

 

次に考えられるのが筋トレによる肉割れです。よくダイエット法などで「脚のトレーニングが有効」といわれたりしますが、これをそのまま真に受けてスクワットばかりやると肉割れができやすくなります。筋肉の成長に皮膚の伸びが追い付かなくなるというわけです。

 

脚の筋肉量は多いですから、ここを中心に鍛えると効率よくダイエットができるというのは間違ったことではありません。ただやりすぎがNGということです。

 

実際のところどれくらいがやりすぎなのか分かりにくいと思いますので、特に筋トレ初心者の方は、負荷の少ないトレーニングから始めることをおすすめします。

 

どちらも「短期間」という共通点がある

人生は長いですからその間体重の増減は何度もあると思いますし、健康やダイエットのために筋トレをすることも大切なことです。ただし、どちらも行き過ぎてしまうと肉割れを起こす原因にもなってしまいます。

 

太ってしまった場合はその後の努力次第でやせることはできますが、一度できてしまった肉割れはなかなか消すことができません。暴飲暴食や極端な筋トレは肉割れ予防のためにも控えるようにしましょう。

 


急激に太ったりしてないのに肉割れができることがある!?

ヘルスメーター

 

ときどき急激な体重増加などないのに肉割れができてしまったという人がいます。これには、いくつか理由があると思いますが、「皮膚が引きのばされて亀裂が入った」というメカニズムは同じです。

 

体重が変わっていないのであれば、何らかの理由で筋肉量が増えたことが考えられます。部活やサークル、筋トレなどで太ももを使うことが増えるとその分筋肉も増えますので肉割れは起こりやすくなります。

 

職場が変わって歩く距離が伸びたり、立ち仕事が増えたりなども影響します。

 

また、意外と思われるかもしれませんが、発生してから10年以上経ってから肉割れに気づいたという人もいます。でき始めの肉割れは白っぽくて薄いことや、太ももの裏の場合は鏡で確認しにくいということが理由にあるようです。

 

そのため、「最近太ってないのになぜか肉割れができてしまった」ということになってしまうのです。

 


太もものどの場所に肉割れはできる?

太ももの中でも肉割れができやすい場所とできにくい場所があります。いちばん多いのがお尻から太ももにかけて。脂肪や筋肉がつきやすい場所です。

 

次に多いのが外側の部分、そして内側、前部と続きます。個人差はありますが脂肪がつきやすい順でもあります。筋トレの場合は、トレーニングの内容によって筋肉がつく場所が決まってきます。

 

何度も同じ場所で筋肉痛を起こす場合はトレーニングメニューを変えるなど工夫するようにしましょう。

 

太ももにできた肉割れの症状

太ももには、短くて太い肉割れ線が無数にできることが多いです。最初の段階では白っぽくて薄いので気づきにくいですが、時間とともに赤っぽくなるのでより目立つようになります。

 

あまり目立っていないからと放置せず、気づいたらすぐにクリームやオイルでケアするようにしてください。時間がたてばたつほどケアが難しくなります。

 

肉割れには基本痛みは伴いません。ただ、乾燥しやすいのでかゆみが発生し、寝ている間などにかきむしると翌朝痛みが出ることがあります。乾燥には十分注意してください。

 

ときどき肉割れができる前兆として痛みを感じる方、できた直後に変な違和感を感じる方がいるようです。

 

太ももにできた肉割れの消し方

太もものマッサージをする女性

 

太ももにできた肉割れのケア方法でおすすめなのがマッサージです。マッサージ法はいろいろとあると思いますが、よく脚痩せ法として紹介されているものと同じやり方でOKです。

 

心臓から一番遠い足の指、足の裏から始めて足首、太ももの順番にもみほぐしていきます。ふくらはぎはもみほぐすのと一緒に下から上にさすり上げるようにすると、脚痩せ効果も期待できます。

 

強すぎず弱すぎずほぐしていくのがポイントです。普段よく使う場所を中心にもみほぐしてください。

 

マッサージはいつ行ってもいいですが、血行が良くなっているお風呂上りがおすすめです。オイルを使うと滑りが良くなるのでマッサージがしやすくなります。もしあれば肉割れクリームを使うと効果的です。のびが良いものがおすすめです。