肉割れができやすい場所

MENU

肉割れチェックはお腹と太ももから

肉割れは、皮膚が引き伸ばされることにより真皮が断裂することで起こる症状。そのため、皮膚が伸びやすい場所にできやすくなります。お腹やおしりなど脂肪が多い場所が該当します。

 

 

特に、妊娠時は、ただお腹が大きくなるだけでなく、赤ちゃんの重みと重力の関係で下向きに膨れるため、おへその下あたりに集中して肉割れができるようになります。

 

 

妊娠する前との体重差が大きければ大きいほど肉割れの数が増え症状も重くなる傾向に。妊娠時の太りすぎは、肉割れの他にも妊娠中毒症や妊娠糖尿病などリスクが増えるので注意が必要です。

 

 

お腹の次に肉割れができやすい場所は、おしりから太ももにかけて。内側外側関係なくあらわれます。妊婦さんにも良くできる箇所ではありますが、食べすぎによる体重増加でもできることがあります。

 

 

太ももの場合、後ろ側にできるとなかなか気が付きにくいので、「最近太ったかも」というときには、肉割れができていないかチェックすると良いです。特に、「太る時は太ももから」という方は普段から姿見などで見ておくと良いでしょう。

 

 

参照:脚(太もも、ふくらはぎ)にできる肉割れの画像例

 

その他肉割れができやすい場所

肉割は、お腹、おしり、太ももの他にも、胸、二の腕、ふくらはぎなどにもできることがあります。

 

 

脂肪が少ない個所にできる二の腕やふくらはぎの肉割れは、線状というよりは凹凸状で、長さが短く数が多い傾向にあります。原因は、妊娠と同じで体重の増加によるものですが、筋肉の増加も大きく関係しています。

 

 

もちろん、筋肉量と肉割れに直接関係はありませんが、急な筋肉の増加で皮膚が伸ばされることが原因だとされています。部活動で運動量が増えたりする時期は要注意です。また、長距離を自転車通学(通勤)することで肉割れができてしまったという人もいるようです。

 

 

新たな肉割れを増やさないためにも、急激な体重増加はNGです。気をつけていても太ってしまったという場合は、普段から確認を。肉割れは、できてからケアを始めるまでの期間が短いほど効果がでやすいといわれています。