肉割れの段階

MENU

肉割れには2段階の変化がある?

体重の増加により発生する肉割れ。肉割れができてから線として残るまでには2段階あり、時間の経過とともに色や質感が変化します。初めは薄く目立ちませんが、徐々に太くクッキリしてくるので放置は禁物です。

 

 

裂けた箇所が多い場合は、最初の段階でも目立つ場合があります。

 

肉割れの初期症状

肉割れができた直後は、赤っぽい線が現れます。赤みの強さは人それぞれで、薄く色づく程度の人もいます。お尻など、自分では見えにくい場所にできやすいことから、肉割れ自体に気がつかないことも。基本的に肉割れの本数は少なめで薄い線ですが、体重の増加が続くと本数が増えて数えきれないくらい発生する場合もあります。

 

赤い肉割れが白くなるまでにはどれくらいかかる?

赤っぽい状態を放置すると線の本数が増えたり、網目のように繋がったり肉割れ線であることがはっきり認識できるようになります。色味も赤から白っぽく変化。線が太くなり、触ると凹凸が分かります。

 

 

赤っぽい状態から白っぽくなるまでは、個人差があるもののゆっくりとした変化です。早い人で半年、遅い人は2年以上時間がかかることがあります。平均すると1年程度。

 

 

肉割れの原因であった体重の変化が緩やかになり、皮膚の伸縮が落ち着いてくると徐々に白くなり始めます。さらに放置すると、肉割れの部分が光沢を持ち、傷跡のように目立ってしまうことも。

 

 

最初から赤くなかったという人は、赤っぽい段階では線の色が薄く白くなるまで気がつかなった可能性が高いです。