太りすぎに注意

MENU

予防の大前提は保湿

妊娠線の予防法は、肉割れの消し方【保湿が大切】と同じく、保湿することが大前提になります。乾燥した状態が続くと肌のバリア機能が低下し、ちょっとしたことで妊娠線ができやすい状態に。

 

 

「肌が乾燥する」→「かゆくなってかきむしる」→「妊娠線が発生」という悪循環に陥ります。妊娠が分かった時点で、妊娠線クリームなどを使ってケアを始めることをおすすめします。

 

妊娠による体重増加は8〜10kgまで

妊娠するとお腹が大きくなる分、体重が増えるのは仕方ないことですが、「妊娠して体重が増えるのは当たり前」という気持ちでいるとあとあと大変なことになっていしまいます。

 

 

体重が増えると、その分皮膚ものばされ、妊娠線の発生率が上昇し、数えきれないほどできてしまうことも。

 

 

理想的な体重の増え方

BMI値 18.5未満の痩せ型 → 9〜12kg
BMI値 18.5〜25未満の普通体型 → 7〜12kg
BMI値 25以上の肥満型 → 5〜7kg

 

 

BMIは、体重と身長から計算できます。
BMI=体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]

 

 

肥満体型の方は特に体重増加に気をつけてください。個人的には、痩せ型、普通体型の方も10kg未満に抑えた方が、妊娠線の予防になると思います。

 

 

太り過ぎると妊娠中毒症や妊娠糖尿病のリスクも高まります。

 

妊娠中太りやすい時期は要注意

特に太りやすいのは、「つわり明けの時期」「出産までの1ヶ月間」

 

 

嘔吐を繰り返したり食欲が低下してしまうつわりの症状ですが、この辛い時期が終わると食欲がいっきに増すことがあります。また、臨月の時期は、赤ちゃんが下がり胃が軽くなることから、急に食欲が出るということもあります。

 

 

食べすぎは禁物ですが、どうしても食欲が止まらない・・・という場合は、ジャンクフードやインスタントを避け、栄養バランスがしっかりととれたものを食べるようにしましょう。家事の量を少し増やしたり、軽いウォーキングやマタニティヨガで無理のない運動を行うのも◎

 

 

太ることを恐れて無理な食事制限を行うのはNG。ストレスの原因になります。生まれてくる赤ちゃんが将来肥満体型になることも。