お腹にできた肉割れ線A【画像】

MENU

お腹にできた肉割れA【画像あり】

前回に引き続きお腹にできた肉割れの画像を紹介していきます。今回もできてしまった原因と経過、ケア方法などを投稿していただきました。

 

お腹にできた肉割れの画像

 

40代女性
・できた場所:お腹
・できた時期:13年前妊娠したとき
・ケア方法:ニベア、ベビーオイルなど

 

原因

妊娠線が出来たのは、13年前に長女を授かったときです。姉から「絶対妊娠線出来るから、クリーム塗りまくってケアした方がいいよ!」と何度も言われていたので、早いうちからクリームを塗りまくっていました。妊娠中何度も鏡を使って大丈夫か確認していましたが、出来ずに出産までたどり着きました。

 

使用したクリームなど

クリームを塗って予防はしていたのですが、産後お腹を見てみると…。おへそから下のあたりに妊娠線ができていました。はじめはかなり濃くてへこんでいましたが、今はホントに薄くなってきたなぁとかんじます。
使っていたクリームはベビーマークというところのマッサージクリームだったように思います。それからニベアやベビーオイルも使っていました。

 

 

 

お腹にできた肉割れの画像

 

30代女性
・できた場所:下っ腹
・できた時期:妊娠後期から臨月にかけて
・ケア方法:ヒルドイド系の保湿クリームを使用

 

原因

妊娠をしたのをきっかけに下っ腹部分に妊娠線ができました。妊娠中期は、保湿オイルをマッサージしながら塗っていましたが、妊娠後期に引っ越しや出産の準備でバタバタしてしまい、保湿を怠ってしまいました。お腹も大きくなり、気付いた時には、自分からは見えない下っ腹部分全体に妊娠線ができていました。

 

コメント

出産を終えて3ヶ月が過ぎたいまでもくっきりと残っています。産後は、育児に追われてしまい何もしていませんでしたが、育児にもなれてきた今、なんとか消したくて、インターネットで消す方法を検索しました。

 

しかし、良いアイテムがなく現在は、ヒルドイド系の保湿クリームをお風呂上がりに毎日塗っています。まだ、変化は見られません。

 

 

 

お腹にできた肉割れの画像

 

20代女性
・できた場所:下っ腹
・できた時期:妊娠32週目頃
・ケア方法:ベビーオイル入りクリームを使用

 

できた時期とその経過

妊娠してからずっと保湿クリームを塗っていたのですが、1ヶ月前の妊娠32週目頃からお腹が痒くなってきて妊娠線が出来てしまいました。

 

妊娠線用のクリームではなく全身につかえる保湿クリームを塗っていて31週頃まではお腹の痒みや線ができてくることもなかったのでそのクリームを使い続けていました。

 

ですが32週頃から寝れないくらいのお腹の痒みと皮膚が伸びる感じがして妊娠線ができ始めました。

 

ケア方法と現在の症状

今はベビーオイルが入ったクリームに変えたのですが妊娠線は増える一方でとてもお腹が痒くて仕方ありません。おへそ周りからぐるっと何重もの円を書くように出来ています。

 

おへそ周りが特に痒くて下着が触れるところも痒くて大変です。妊娠線ができて1ヶ月経ちますが痒みは増す一方です。

 

 

 

お腹にできた肉割れの画像

 

20代女性
・できた場所:下っ腹
・できた時期:妊娠32週目頃
・ケア方法:ニベア缶、ボディミルクでケア

 

原因

できた部位は、下腹辺りです。できた時期は中学2年生から3年生にかけて激太りした時にできました。その頃は肉割れということも知らずなんだろうと思いながら放置していました。

 

高校生になり、これが肉割れとわかった時に、ケア方法を調べとにかく保湿するという記事を読んだため、毎日ニベアの青缶や、お風呂上がりにボディミルクなどで保湿していました。

 

ケア方法と現在の症状

3年ほど続けましたが今もこの状態です。できた当初は線が赤かったのですが、ケアを始めてからは、肉割れの線は白くなっていきました。しかし1度できると消えることは無いのでしょうか、今もハッキリ肉割れが分かります。

 

一度日焼けしたら分からなくならないか!?と思い海に行った際日焼けをしたのですが全く効果はありませんでした。

 

 

 

お腹にできた肉割れの画像

 

30代女性
・できた場所:下っ腹
・できた時期:妊娠8ヶ月頃
・ケア方法:保湿クリームを使用

 

初めての妊娠時のケア

両方の脇腹の下あたりにできました。妊娠線ができたのは、一番初めの子の妊娠8ヶ月の時にです。できてから直ぐ、保湿クリームをぬるようになりました。すぐに効果があるわけではありませんが、出産から7年経っても続けています。今では1日1回、お風呂上がりに保湿クリームをぬるようにしています。出来た頃より確実に薄くはなりました。

 

2回目の妊娠時のケア

第1子出産から2年半後に2人目妊娠で、ふたたびお腹周りに妊娠線ができました。この時は、前回より少し妊娠週数早めに線ができました。場所も、前回とは少し違いました。おへその下が一番目立つのと、おへそ周りに数ヶ所です。

 

この時はお腹が出て来はじめたら早めから保湿クリームをぬっていたのですが、予防にはなりませんでした。線が目立つ頃は、1日4.5回保湿クリームをぬっていました。

 

 

関連ページ

お腹にできた妊娠線【投稿画像り】
実際に妊娠線ができた方から投稿していただいた画像をこちらでご紹介します。どのような状態か、どのようなケアをしたのかも合わせてまとめています。
脚(太もも、ふくらはぎなど)にできた肉割れ【画像】
妊娠の他、成長期の体重増加が原因で発生した肉割れ投稿画像。経過と投稿者のコメントをご紹介。
脚(太もも、ふくらはぎなど)にできた肉割れの画像2
太ももやふくらはぎなど足にできた肉割れの画像が追加されたのでご紹介します。
おしりにできた肉割れ【画像】
おしりにできてしまった肉割れの症状を画像付きでご紹介。肉割れができてからの経過、投稿者のコメントと合わせて掲載しています。