肉割れの症状 | クリームランキング

MENU

肉割れ・妊娠線の症状

肉割れは、体重増加などによる皮膚の伸びに皮下脂肪がついていけず、皮膚と皮下脂肪の間の真皮が断裂を起こして発生するものです。肉割れの症状は、皮膚にすじのような線で現れます。肉割れ・妊娠線の画像は、Yahoo!やGoogleからも簡単に検索できます。

 

ナースの画像
肉割れは、初期の段階では、赤っぽい線が薄く出現。最初はそれほど目立つことはなく、おしりや太ももの付け根など、普段目にすることが少ない個所に発生しやすいので、気付かない方も多くいます。

 

乾燥状態が続くなどして環境が良くない状態でいると、徐々に本数が増え、場合によっては、ナイフで切り付けたような跡が複数できることもあります。

 

肉割れは、時間が経つにつれ色は消えて行きますが、線が太くなったり、場合によっては凹凸ができることも。充分な保湿がなされていないまま放っておくと、肉割れの部分だけ光沢が出てテカテカになってしまいます。こちらのページでは、お腹や太ももなど部位ごとの肉割れの症状を経過と本人のコメント付きで紹介しています。

 

肉割れ・妊娠線は、気付いた時点で早めのケアを行うことが重要です。

 

肉割れ・妊娠線の症状【投稿画像あり】記事一覧

 
お腹にできた肉割れ線

妊娠線がお腹にできたしまった方にアンケート。妊娠線の症状、ケア方法、経過などを投稿していただきました。30代女性・できた場所:へその下の下腹部・できた時期:妊娠後期から臨月にかけて・ケア方法:妊娠線予防クリームを使用経過産後もしばらく、くっきりと赤っぽい妊娠線が消えませんでしたが、専用クリームを塗り続けた結果、産後9ヶ月くらい経った今ではうっすらと白っぽい色に変化しているので、あまり目立たなくなっ...

 
 

前回に引き続きお腹にできた肉割れの画像を紹介していきます。今回もできてしまった原因と経過、ケア方法などを投稿していただきました。40代女性・できた場所:お腹・できた時期:13年前妊娠したとき・ケア方法:ニベア、ベビーオイルなど原因妊娠線が出来たのは、13年前に長女を授かったときです。姉から「絶対妊娠線出来るから、クリーム塗りまくってケアした方がいいよ!」と何度も言われていたので、早いうちからクリー...

 
 
ふくらはぎにできた肉割れ線

太ももやふくらはぎにできてしまった肉割れ線の投稿画像です。妊娠の他、成長期の体重増加も原因だと考えらえます。30代女性・できた場所:ヒップから太ももにかけて・できた時期:妊娠中・ケア方法:特になし経過出産後にできているのに気付きましたが、できた後は治らないと思っていたので長年放置してしまいました。コメント妊娠時は、ふくらはぎにもできるとは思ってなかったので、お腹のみクリームでケアを行っていました。...

 
 

投稿していただいた画像の中で脚にできた肉割れをご紹介します。お腹だけでなく太ももやふくらはぎにも肉がつきやすいので、肉割れができやすくなります。20代女性・できた場所:膝の内側・できた時期:中学卒業時・ケア方法:色々なクリーム肉割れができた場所両足のひざ、横の部分(内側)です。線が現れた際に痛みなどはなくいつ頃出来たのかは不明です。中学卒業時に腕にも肉割れ線ができたことから、全身を確認した際に気が...

 
 
おしりにできた肉割れ線

おしりにできてしまった肉割れを画像とともに掲載しています。おしりは脂肪が付きやすい場所なので、肉割れができやすいといえます。また、太ももにできた肉割れをきっかけにしておしりまで線が伸びるということもあります。30代女性・できた場所:おしり・できた時期:13歳頃・ケア方法:特になし経過中学生になり部活動が始まりました。夏が暮れるのも遅いため帰宅したら晩御飯の時間でしたが冬になると部活動が早く終わって...